若 者 の 声

若者のみなさん、今の自分は好きですか?
もし自分を好きじゃなかったら、勇気を持って一歩踏み出してみよう!一歩踏み出す勇気があれば、未来は変えられます。
ここに一歩踏み出した「若者の声」があります。自分と同じくらいの年齢の「若者の声」を読んでみてください。全ての若者が前に進んでいます。

10代後半 20代前半 20代後半 30代前半 30代後半 40代~

20代前半

20代前半 男性 珈琲党
一人暮らしをしている大学生、1年生の時はまだ少しは通えていたが2年生の5月からはひきこもり状態。通いたい・・・。
  1.大学への再出発(2023年12月)
20代前半 男性 きなこもち
何回も弁当と生活費を持ってアパートに行きましたが会ってくれず、宅配ボックスに入れて帰ることしかできませんでした。
  1.生きることは暗中模索(2023年12月)
20代前半 男性 柳田さん
何もかもから逃げてばかりでした。そんな姿を見透かされ、もう一度ちゃんと生きる気持ちになってくれました。
  1.恥ずかしくない自分への第一歩(2023年7月)   2.やり切った1年(2024年1月)
20代前半 男性 トイプードルのハッピー
高校1年の時全日制高校から通信高校へ転校。卒業後支援を受けるが3年間目が出ず。意を決して八おき塾へ。
  1.八おき塾に来てから(2023年5月)
20代前半 男性 東方遠征
高校を2年で辞め通信高校へ。その後大学を受験するも2度失敗。自信が持てなくなり身動き取れぬまま数年を過ごす。
  1.地に足が着く(2022年12月) 2.大学受験に2度失敗、4年間引きこもった24歳男性 過去は「しょうがない」と腹をくくるまで(2023年2月)
20代前半 男性 レンタルしゃもじ
高専中退後、目指すべき道も無く昼夜逆転の日々を送る。家に引きこもり将来に不安を感じる日々だった。
  1.まず決まった時間に起きる事から(2022年9月)   2.揺れる方位磁石(2023年3月)   3.卒業を迎えての独白とお礼(2023年3月 お母様より)
20代前半 男性 T.H
高校生くらいから人間関係をうっとうしく感じ始め、大学では授業に参加しない日々が続く。うつ病と診断される。
  1.3ヶ月を振り返って(2022年5月)   2.卒業にあたって(2022年10月)
20代前半 女性 十三夜月
自分に自信がなく、家族や周りの人に自分の意見をあまり言わずに合わせていた。仕事もずっとやめ続けていた。
  1.思いを伝える(2020年11月)
20代前半 男性 春風
大学で実習が始まると「できない」と不安がるだけで行動をせず現実逃避をしていた。やがて実習から逃げ出した。
  1.自分を受け入れて(2020年11月)
20代前半 女性 N.H
学生時代虐められて、そのトラウマで友達が全くいない。小学五年生の時点で何千回も死にたいと思った。
  1.卒業に際して(2020年9月)
20代前半 男性 S
高校2年時に不登校となり通信制高校に転入。その後はバイトしたり引きこもったり、数年だらだらと過ごした。
  1.卒業に際して(2020年3月)
20代前半 男性 T.K
大学を3ヶ月で行かなくなったが家族に打ち明けられず、さも学校に行っている振りをして気づけば1年が過ぎていた。
  1.自分を見つめる(2020年1月)   2.きっかけ(2020年5月)
20代前半 男性 R.U
中学の入学式直後に不登校になり10年間の引きこもり生活。バイト経験はゼロ。家族以外と話すことも避けてきた。
  1.4ヶ月経過して(2020年1月)   2.取り戻した自信(2020年8月)   3.ありがとう!福岡わかもの就労支援プロジェクト(2020年8月 お父様より)   4.「夢は正社員。自分を肯定したい」元ひきこもり男性24歳 、初バイト代で父親にウイスキー(2021年7月)
20代前半 男性 Y.I
学校を中退後、何もする気にならず徐々に外に出なくなり引きこもりになった。
  1.はじめの一歩(2019年12月)
20代前半 男性 梨3号
高校を卒業して職を探していたが、見つからず諦めかけていた。
  1.4ヶ月を振り返って(2019年11月)   2.僕でも就職できた(2020年7月)   3.卒業に際して(2020年7月 お母様より)
20代前半 男性 T.S
大学を休学して精神科に通いながら療養するも1年、特に変化もなく引きこもる生活が続いた。
  1.小さな第一歩(2019年9月)   2.大学卒業論文「ひきこもり」の若者の社会復帰支援の在り方(2021年3月)
20代前半 女性 R
高校卒業後、浪人中に精神が不安定となり大学受験は失敗。その後の2年間は目標を見失い過去を悔いる日々だった。
  1.3ヶ月経過して(2019年4月)   2.自分と向き合った1年(2020年3月)   3.娘の卒業にあたって(2020年3月 お父様より)
20代前半 男性 まろにぃ
高校1年の2学期から学校に行かなくなった。言いようのない疎外感と真綿で首を絞められるような息苦しさを感じた。
  1.私についての備忘録(2019年2月)   2.調理師学校 志望理由(2020年12月)   3.息子の不登校・ひきこもりを振り返って(2022年7月 お母様より)
20代前半 男性 不知火夜
声優を目指して専門学校に行ったが一年で辞めた。何をしたらいいのか分からず、いたずらに時間だけが過ぎていった。
  1.夢に向かって(2019年1月)
20代前半 男性 ゆうすけ
大学を1年留年した後、会社に内定をもらったが一週間前に辞退。そこから半年間、部屋に閉じこもる生活が続いた。
  1.みんな待ってるよ(2018年12月 お母様より)   2.今までを振り返って(2019年2月)   3.卒業に際して(2019年3月)
20代前半 男性 Y.I
先輩からパワハラを受けて仕事を辞めた。その後約一年間引きこもり、心療内科に通院していた時期もあった。
  1.3ヶ月間の気付き(2018年10月)   2.これまでの自分、これからの自分(2019年7月)   3.卒業(2019年7月 お母様より)
20代前半 男性 祐太郎
大学中退後、周りの友人達との関係を断つようになり、次第に引きこもりがちになっていった。
  1.3ヶ月いろいろあった(2018年9月)   2.ダメ人間の成長(2019年3月)   3.応援しています(2019年3月 お母様より)
20代前半 男性 次郎
大学中退後、医学部再受験を目指すも受からず。ストレスから若年性脱毛症になり外出すら困難になった。
  1.自信を取り戻す(2017年11月)   2.自分を発信する(2018年3月)   3.国際ソロプチミスト博多/クラブ賞(2018年4月)   4.出口がそこにあった(2018年6月 お母様より)   5.福岡市南区民児協・自立支援部会(2018年7月)   6.頑張れば変われる(2019年2月)
20代前半 男性 正彦
大学にほとんど行かず、家では家族を避けるような生活。悩みを言うわけにもいかず、やがて引きこもるようになった。
  1.初めての決断(2017年10月)   2.あなたは何のために生きていますか(2018年3月)
20代前半 女性 早苗
病気になったことで全日制から通信制高校へ。なぜ自分だけ・・、いっそ死んで楽になりたいと悪い方向に考えていた。
  1.3ヶ月経過して(2017年4月)   2.気持ちの整理(2017年5月)
20代前半 男性 真司
高校2年のときに不登校になり精神科へ通院。その後、通信制高校、短大と進むも不登校を繰り返した。
  1.激動の6カ月間(2017年2月)   2.俺、できるやん!成長した15ヶ月間(2018年2月)   3.旅立ち(2018年5月 お父様より)   4.やっと教師になれた‼(2020年12月)   5.そこに不登校を支える僕がいた(2021年5月)   6.「父は弱かったんだ」 人生のどん底を味わった元ひきこもりの非常勤講師男性27歳、過去を許す(2022年1月)















Copyright © 2015 福岡わかもの就労支援プロジェクト All rights reserved.
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー