福岡わかもの就労支援プロジェクト



トップページ ご挨拶 支援の概要 一人暮らし コーチ紹介 若者の声 メール会員 恩送り 問合せ アクセス
 

 【不知火夜(20代前半男性)の声】 夢に向かって(2019年1月) 

戻る
「福岡わかもの就労支援プロジェクト」に通い始めて6ヶ月が経ちました。自分の夢はYouTuberになる事です。今は月に1回行われているプロジェクトのイベントの撮影とその映像の編集をして、それを動画にして他の受講生やコーチの方々に見てもらい、意見を貰いながら編集技術を磨いています。そして最近その将来像が見えてきて、具体的な道筋が見えてきました。私は自分の事を「具体的な将来像が見えるとそれに向かって頑張れる人」だと思っています。少しずつかも知れませんが今は前に進む事が出来ている、と1年前の私に言うことが出来ます!

思い返すと「福岡わかもの就労支援プロジェクト」に来る前は声優になる為に専門学校に行っていましたが、一年で学校をやめました。アフレコの授業で上手く声を当てられず作文の課題が出されました。その中に「何故声優を目指したのか」というタイトルがあり、その題名を見たときに、何故自分が声優を目指したのかが分からなくなってしまいました。専門学校を辞めてしばらくして、YouTuberになりたいと思ってはいたけど、具体的には何をしたらいいのかが分からず、いたずらに時間だけが過ぎていっていました。そんな時に母から「福岡わかもの就労支援プロジェクト」の事を教えて貰って藁にもすがる思いで、鳥巣さんと面談を行い、そこに通い始めました。

鳥巣さんに会い「福岡わかもの就労支援プロジェクト」に通い始めてから心が折れにくくなった気がします。例えばバイト先などで仕事が上手くいかずに失敗したりすると、今までだったら立ち直るのに時間がかかったりしてました。しかし、今は失敗して落ち込んでしまっても、すぐに立ち直ることができる様になりました。これも鳥巣さんに教わったプラス3マイナス1の影響かなと思います。プラス3マイナス1とはその日にあったいい事を3つ悪いことを1つ思い出します。そうするとプラス3からマイナス1をしてプラス2残るので、いい事が二つ残って気分が落ちるのを防ぐことが出来るのです。
それ以外に自分は独自で気分が落ち込まない方法を考えて実践しています。自分の実践している事は、歩く時に頭の中で自分の好きな曲の歌詞を思い出しながらと歩いたりしています。そう思い出しながら歩くと、自然と腕を大きく振って歩けるので段々と気分が上がってきます。それが無理な時は目線を斜め上20度から30度ぐらいを見ながら歩いたりしています。そうするといつもとは違う景色が見えます。「今日は雲が多いな」とかいろいろな発見が出来て楽しくなります。この様に鳥巣さんのところに通い初めて今までマイナスだった思考をプラス思考に変えることが出来ました。

今後は、自分で考えて、自分で撮影し、自分で編集した動画を作成していきたいと思います。どういう動画が見る人に取って面白く見えるのかを模索していきたいです。まだまだ未熟ですが、3年間はYouTuberになるために頑張っていこうと思います。
戻る
Copyright © 2015 福岡わかもの就労支援プロジェクト All rights reserved.